アドレノクロム日本人。 副腎色素

US3445478A-アドレノクロムモノアミノグアニジンの合成方法 -Google Patents US3445478A-アドレノクロムモノアミノグアニジンの合成方法 -Googleの特許アドレノクロムモノアミノグアニジンの合成方法, 情報公表番号US3445478A US3445478A US3445478DA US3445478A US3445478A US3445478A US3445478D A US3445478D A US3445478DA US3445478A US3445478A US3445478A権限米国先行技術キーワードアドレノクロムモノアミノグアニジン溶液水酸先行技術日付1965年10月15日法的地位 法的地位は仮定であり、法的結論ではありません。 Googleは法的な分析を行っておらず、記載されているステータスの正確さについては表明していません。 ,)期限切れ-生涯出願番号発明者山西康仁現在の譲受人(記載されている譲受人は不正確である可能性があります。 Googleは法的な分析を行っておらず、リストの正確性についていかなる表明または保証も行っていません。 白松新薬株式会社 オリジナル譲受人白松新薬KK優先日(優先日は仮定であり、法的結論ではありません。 Googleは法的な分析を行っておらず、記載されている日付の正確さについては表明していません。 000説明11• 229930008671酢酸ナチュラルプロダクツ0. ,000説明10• 239000001617酢酸の物質0. 000説明9• 239000000953水酸化ナトリウム物質0. 000説明9• 235000011121水酸化ナトリウム栄養0. 000説明9• 229910001856水酸化ナトリウム無機材料0. N C[Fe-3] C N C N C N C N C N MIMJFNVDBPUTPB-UHFFFAOYSA-N0. 000説明4• 229910052500無機鉱物無機材料0. ,000説明3• 206010018987出血疾患0. 000説明3• 235000017557炭酸水素ナトリウム栄養0. 000説明3• 229910000030重炭酸ナトリウム無機材料0. 000説明3• 239000001117硫酸物質0. 000説明3• 235000011149硫酸栄養0. 000説明3• 102000015081血液凝固因子ヒト遺伝子0. 000記述2• 102000001974ヒアルロニダーゼヒト遺伝子0. 000説明2• 206010037549紫斑病0. 000説明2• 241001672981紫斑病種0. 000説明2• 230000000144薬理学的効果効果0. 000説明1• 206010007191毛細血管脆弱性疾患0. 000説明1• 208000001780鼻出血症0. 000説明1• 206010015218多形性紅斑0. 000説明1• 206010015866血管外漏出疾患0. 000説明1• 102000008946フィブリノゲンヒト遺伝子0. 000説明1• 101710002935フィブリノゲンタンパク質0. 000説明1• 208000008032胃腸出血疾患0. 000説明1• 206010018276歯肉出血疾患0. 000説明1• 206010018367糸球体腎炎慢性疾患0. 000説明1• 206010062713出血性素因疾患0. 000説明1• 206010019009出血性疾患疾患0. 000説明1• 208000000622出血性疾患0. ,000説明1• 281000001162株式会社カブシキカイシ0. 000説明1• 208000007106月経過多疾患0. ,000説明1• 241001465754メタゾア種0. ,000説明1• 206010034754点状病0. 000説明1• 206010038063直腸出血疾患0. 000説明1• 206010038460腎出血疾患0. 000説明1• 206010038867網膜出血疾患0. 000説明1• 102000002262トロンボプラスチンヒト遺伝子0. 000説明1• 101710034720トロンボプラスチンタンパク質0. 000説明1• 206010046736じんましん病0. 000説明1• 229910000147リン酸アルミニウム無機材料0. ,[OH-]VHUQVKOLVNVRT-UHFFFAOYSA-N0. 000説明1• 230000015572生合成プロセス効果0. 000説明1• 230000023555血液凝固作用0. ,000説明1• 239000008069クロロホルム物質0. ,000説明1• 239000001104塩酸物質0. 000説明1• 238000004519製造プロセス方法0. ,000説明1• 239000001301酸素物質0. 000説明1• 229910052760酸素無機材料0. 000説明1• 239000012292酸化銀物質0. 000説明1• 229910001923銀酸化物無機材料0. ,000説明1• 238000010254皮下注射方法0. 000説明1• 229910052725亜鉛無機材料0. 000記述1 イメージ• 15,1965I I i i i l I I 0 20 0. 0 4. 10 6. 0 20 8. 0, wwewroe PH V44 05YAsul-uTo YAMANISHI ATTORNEY米国特許3,445,478アドレノクロムモンオアミノグアニジンの合成方法山西康仁,吹田市,大阪,日本,白井松新薬株式会社への譲受人,大阪,日本,日本 No. 281,029,May16,1963. クローバー 260326. 15 6これは私たちの継続部分であると主張しています。 応用Ser. 281,029,may16,1963,山西康仁によって提出されたが、現在は放棄されている。 , 本発明は、止血剤および毛細血管安定化剤を製造する方法に関し、より詳細には、アドレノクロームの新しい誘導体、すなわちアドレノクロームモノアミノグアニジンを製造することができ、これは水にsuficiently溶性の塩にすることができる。 アドレノクロムおよびその誘導体は、優れた止血および毛細血管安定化作用を有する。 止血作用には様々な要因があると言われており、一般的には毛細血管因子と血液凝固因子の二つに分類されます。 , 例えば、血圧に対する毛細血管透過性および毛細血管反応は前者のグループに属し、トロンボプラスチンの産生およびそのプロトロルンビンフィブリノーゲンへの変化は後者のグループに属する。 多くの基礎実験により,アドレノクロームとその誘導体は出血時間を短縮し,血液凝固時間を短縮しないが毛細血管透過性の増加を著しく阻害することが示された。 , したがって,他の基礎実験の結果を考慮して,アドレノクロームとその誘導体が血液凝固因子ではなく毛細血管因子に影響することを示す試みがあるが,運動することは血液凝固因子に影響すると言われる。 また、多くの基礎実験で10mgになることが示されました。 アドレノクロムまたは100から300mgの。 , アドレノクローム誘導体の毒性は全くなく、水溶性の観点から最大の用量であっても、静脈内、腹腔内、副cu-t'aneouslyまたは経口的に投与された場合、副作用を引き起こさない。 言い換えれば、アドレノクロムおよびその誘導体はほとんど毒性を有さず、その事実はそれらの薬理学的効果の卓越性をさらに高める。 止血および毛細血管安定化薬で最も頻繁に調製される従来のアドレノクローム誘導体の一つは、以下の構造を有するアドレノクロームモノセミカルバゾン:, それはよい止血および毛管安定の効果のために増加する要求に今、あります。 しかし、実際には、アドレノクロムモノセミカルバゾンは、水に十分に可溶性ではない、すなわち0. 5mgのみであるため、水性投与量、特に注射用に高密度で十分に調製することができない。 そのうち1mlに可溶である。 したがって、水性投与量、特に注射用のアドレノクロムモノセミカルバゾンを調製するために、すなわち5mg以上を調製するために、可溶化剤を添加するか、またはいくつかの他の特別な方法を用いることが必要である。 1ミリリットルで。 , 水の。 しかし,可溶化剤を大量に添加することにより,いくつかの臨床的問題が生じる。 例えば、従来は5,000mgであった。 サリチル酸ナトリウムの特許を取得した月20、1969注射用途のためのアドレノクロムモノセミカルバゾンを可溶化するために追加されます。 このような大量のサリチル酸ナトリウムは、ヒアルロニダーゼの作用を刺激し、他の薬理学的作用を有するため、いくつかの副作用を引き起こす。 本発明は、従来のアドレノクローム誘導体の上述した欠点を克服したものである。 , 本発明の主な目的は、adrenochromenamely、adrenochrome monoaminoguanidinewhichの誘導体を合成することであり、水に非常に可溶性である塩に変更することができ、特に注射用の水性投与量のために高 本発明のもう一つの重要な目的は、アドレノクロームの誘導体、すなわち、アドレノクロームモノアミノグアニジンを合成することであり、これは、毒性が無視できる止血および毛細血管安定化作用において優れている。 , 本発明の他の目的および様々な利点は、以下の詳細な説明を参照することによって同じことがよりよく理解されるように容易に理解されるであ 本発明において、アドレノクロームの新規誘導体、すなわち、アドレノクロームモノアミノグアニジンは、アドレノクロームとアミノグアニジンの脱水反応によ Andrenochromeに次の構造があります: (3H3アミノグアニジンは以下の構造を有する: NHz-CNHNH2Ilaしたがって、両者の脱水反応によって合成されたアドレノクロムモノアミノグアニジンは、以下の構造を有する:, アミノグアニジンは芳香族ケトンまたはアルデヒドに反応して結晶化する可能性が非常に高い生成物を生じることはよく知られている。 したがって、本発明では、アドレノクロム中のケトンラジカルは、アミノグアニジン中のNHラジカルと反応させる。 実際には、アドレノクローム水溶液に硝酸などのアミノグアニジンの塩を加え、アンモニアや苛性ソーダでアルカリ化するとアドレノクロームモノアミノグアニジンがオレンジ色で結晶化する。 , アルカリ性であるアドレノクロムモノアミノグアニジンが析出して結晶として回収されるため、ここではアンモニアまたは苛性ソーダが添加される。 次いで、オレンジ色の結晶生成物を酢酸の水溶液に溶解する。 アドレノクロムモノアミノグアンイジンは、溶液を苛性ソーダでアルカリ化すると精製された状態で結晶化する。 硝酸アミノグアニジンは常法により製造される。 例えば、硝酸とアミノグアニジン重炭酸塩の反応によって生成され、これはニトログアニジンの酢酸および亜鉛との還元によって生成される。 , アドレノクロームも常法によって製造される。 例えば、それは酸化銀またはフェリシアン化カリウムとのアドレナリンのoridizationによって作り出されます。 アドレノクロームモノアミノグアニジンの収率とアドレノクローム試薬の試薬収量の添加との関係:モノアミノグアニジン重炭酸ナトリウム、エクイモール。 わずかな量の水酸化ナトリウム、equimol。 mg39硝酸、0. 05ml-mg380硝酸、0. 20ml。. ,アドレノクロムと硝酸アミノグアニジンの反応におけるmg960は、本発明によれば、アドレノクロムモノアミノグアニジンの収率は、反応中の試薬に 例えば、1. 0gmの場合。 アドレノクロムの反応に入れ、アドレノクロムモノアミノグアニジンの収率と試薬の添加との関係を表1に示す。 硝酸のような鉱酸はアドレノクロムと硝酸アミノグアニジンの反応に触媒加速を与えるので,弱アルカリ側よりも酸側で著しく良好な収率が得られる。 , しかし,アドレノクロムモノアミノグアニジンを分解するので,あまりにも多くの酸の添加は好ましくない。 以下の実験は、反応溶液のpH値とアドレノクロムモノアミノグアニジンの得られた量との間の関係をより詳細に示している。 この実験では、硫酸はアミノグアニジン塩として使用される。 とき1. 0gm。 アドレナリンのうち0. 978gmが酸化される。 アドレノクロームの理論的に得られる。 , 硫酸アミノグアニジンおよび硫酸、または他の酸を添加することにより、溶液を反応させ、アドレノクロムモノアルニノグアニジンの得られた様々な量 アドレノクロムモノアミノグアニジンは、水酸化ナトリウムをアミノグアニジン溶液の添加の25分後に添加すると、結晶化して沈殿する。 鉱酸による触媒を介して様々なpH値下で得られたアドレノクロムモノア'ミノグアニジンの量を表2に示し、酸なしまたはアルカリ性物質で得られた, 同じ結果が図に示されています。 アドレノクロムモノアミノグアン'ジンの最大量はpH2. 5-4. 2下で得られ、pH値がこの範囲と異なるにつれて量が著しく低下することが分かった。 PHが2. 5よりも著しく小さいと、アドレノクロムの溶解のために収率が減少するが、約5. 3より大きいpHの反応溶液は、アドレノクロムとモノアミノグアニジンの分解がうまくいかないため、収率も減少する。 したがって、最も有用なpH値は約2. 0から5までの範囲であることがわかった。 ,この反応における3an重要な条件。 硝酸、硫酸、酢酸などの有機酸などの鉱酸が反応溶液を酸化するために使用されるが、アドレノクロムモノアミノグアニジンと分解または反応しない限り、他の酸も使用することができる。 そのような他の酸は、ヒドロクロン酸、臭化水素酸、ギ酸、およびリン酸である。 , 本発明は,上記ph範囲で起こりやすいアドレノクロームの分解が起こらず,分解が起こっても無視できるだけであり,したがってアドレノクロームとアミノグアニジンを良好な結果で反応させることができることを示した。 次に本発明を具体化する例としてアドレノクロムモノアルニノグアニジンを合成するための実験について説明する。 0gmのソリューション。 アドレノクロームおよび50ml。 水は200mlで採取されます。 撹拌機を備えたスリーネックラウンドボトル入りフラスコ。 75gmの混合物。 , アミノグアニジン硝酸、0. 2m1。 硝酸、および5ml。 水はフラスコの側面に取り付けられた漏斗を通してアドレノクロームの水溶液に加えられ、後者は攪拌される。 約30分後、20ミリリットル。 沈殿した結晶生成物をBiichner漏斗で分離し、水で洗浄する。 洗浄した結晶生成物を10m1に溶解する。 濾過した後、溶液を15mlでアルカリ化する。 9gm。 精製されたアドレノクロムモノアミノグアニジンのオレンジ色の針結晶として生成されます。 針の水晶はhydochloric酸で溶けます。 それは水、アルコールおよびアセトンで非常に溶けません。 アドレノクロムモノアミノグアニジンを合成するための別の実験も本発明を具体化する例として説明する。 1gmのソリューション。 フェリシアン化カリウム、11. 2gm。 重炭酸ナトリウムおよびml。 水は200mlで採取されます。 ビーカー 5gmの混合物。 , アドレナリンと50ml。 3%酢酸水溶液のうち、漏斗を介して200mlで採取した溶液に添加する。 ビーカー、後者は攪拌されている間。 一分後、1ミリリットルの混合物。 酢酸水溶液、3. 8gm。 硝酸アミノグアニジンおよび20mlの。 水も同様に加えられる。 フェリシアン化カリウムはアドレナリンをアドレノクロームに酸化させるために使用され、重炭酸ナトリウムはフェリシアン化カリウムを以下の反応: この式の右側は、硝酸アミノグアニジンの添加前の状態を示し、pHは6. 20である。 , 付加が終わるとき、pHは6. 10に下がります。 PHが6. 20の理由は、アドレナリンを溶解するための酢酸の使用である。 上記は、溶液がわずかに酸であることを示している。 十分後、溶液を10%苛性ソーダ水溶液でalka溶解し、次いで約5. 1gmである。 アドレノクロムのモノアルニノグアニジンは橙色の結晶の状態で沈殿し、これは前述の実験例で説明したのと同じ方法で精製される。 さらに別の実験は次のとおりです:7. 0gm。 フェリシアン化カリウムおよび2. 5gmの。 重炭酸ナトリウムの22mlに溶解する。 mlの水の。 ビーカー この溶液が攪拌されている間、1. 0gmの混合物。 アドレナリンと11mlの。 タップ漏斗で溶液に3%の酢酸水溶液を加える。 分後、0. 61gmの混合物。 アミノグアニジンの、15ミリリットル。 水の溶液と同様に添加される。 とすぐに10ミリリットルとして。 10%苛性ソーダ溶液のうち、約25分後に溶液をアルカリ性にするために添加され、オレンジ色のアドレノクロムモノアミノグアニジンが分離される。 これをBiichner漏斗で濾過し、水で洗浄し、乾燥させる。 それが上記と同じように精製されるとき、約1. 1gm。 , 上記の例の実験と同じくらい添加される酸は、アドレノクロームを分解しないが、アドレノクロームモノアミノグアニジンの良好な収率を与える。 上記の実験では加熱は必要ありません。 本発明で得られたアドレノクロームモノアミノグアニジンは、水性投与用、特に注射用の塩に変化し、アドレノクロームモノアミノグアニジンの塩が水 アドレノクロムモノアミノグアニジン塩を得るために、アドレノクロムモノアミノグアニジンを水で希釈した酸に溶解する。 , 結晶を得るためには、そのようにして得られた水溶液をwater性有機溶媒に加える。 結晶生成物を水に溶解し、上記有機溶媒に添加する。 溶液を冷却すると、アドレノクロムモノアミノグアニジンの塩が精製された結晶状態で得られる。 , 本発明の製塩反応においてアドレノクロムモノアミノグアニジンを溶解する酸は、例えば、硫酸、硝酸、および塩酸のような無機酸;酢酸、ギ酸、クエン酸、酒石酸のような有機カルボン酸;ならびにメタンスルホン酸、エタンスルホン酸、およびヒドロキシメタンスルホン酸のような有機スルホン酸であり得る。 酸の添加量は重要ではないが、アドレノクロムモノアミノグアニジンを分解するようなものであってはならない。 , 上記の塩を作る際に添加する有機溶剤としては、この物質に不活性であるアドレノクロムモノアミノグアニジンの任意の液体溶媒、メチルアルコール、エチルアルコールなどの任意のアルコール、アセトン、アルコールとエーテルのすべての混合物、およびアセトンとエーテルのすべての混合物を用いることができる約50%未満のエーテルを含むエチルアルコール溶液、60mlの混合物などを用いることが望ましい。 エチルアルコールおよび40mlの。 アセトンおよび20mlの。 エーテルの。 , アドレノクロムモノアミノグアニジンを塩酸塩に変化させる実験を実施例のように記載する。 30mlの溶液。 水および15ml。 37%の塩素水素酸は200mlで摂取される。 エルレンマイヤーフラスコ 5. 1gm。 溶液を漏斗を通して濾過する。 ろ過した溶液を1,000mlで採取する。 エルレンマイヤーフラスコ、および450ml。 それにアセトンが加えられる。 , 溶液を冷却すると、塩酸アドレノクロムモノアミノグアニジンが結晶状態で沈殿する。 結晶生成物をBiichner漏斗で分離し、アセトンで洗浄し、空気乾燥する。 空気乾燥した結晶生成物を100mlに溶解する。 200 6C H O N Cl中の水を含む:Calc。 C、44. 20%、H、5. 19%、N、25. 78%。 見つかりました:C、44. 20%;H、5. 12%;N、24. 73%。 さらなる例として,アドレノクロムモノアミノグアニジンをギ酸塩に変化させる実験について述べた。 35mlの溶液。 水および0. 23gm。 ギ酸は100mlで採取される。 エルレンマイヤーフラスコ 1. ,18gm。 未精製のアドレノクロムモノアミノグアニジンのうち、エルレンマイヤーフラスコで採取した溶液にcに溶解する。 解決は楽しいnelによってろ過される。 ろ過した溶液を200mlで採取する。 フラスコ、および100mlを添加した。 アルコールと10ml。 結晶生成物は漏斗で分離される。 分離された結晶生成物を15mlに溶解する。 50ミリリットルの水。 Erlenmeyerフラスコ、および80mlを添加した。 アルコールおよび10ml。 エーテル, 溶液を冷却すると、約0. 95gm。 アドレノクロムモノアミノグアニジンギ酸塩は精製されたオレンジ色の針結晶の状態で生成される。 アドレノクロムモノアミノグアニジンギ酸は、水に十分に可溶性であり、すなわち15mgである。 そのうち1mlに可溶である。 実験で得られたアドレノクロームモノアミノグアニジンギ酸はC H N oを含む:Calcである。 C、46. 見つかりました:C、47. 13%;H、5. 34%;N、25. 00%。 , 表3には、アドレノクロムモノアミノグアニジンのいくつかの他の塩が列挙されており、これらは前述の実施例に従って同様の方法で得られる。 表3に示すように、アドレノクロムモノアミノグアニジンの塩は、一般に、水に十分に可溶性である。 それらはadrenochromenamelyの慣習的な派生物、0. 5mgだけ溶けるadrenochrome monosemicarbazoneより水ではるかに溶けます。 1ミリリットルで。 例えば、本発明に従って合成されるアドレノクロムモノアミノグアニジンメタンスルホン酸は、可溶性110mgである。 1ミリリットルで。 水のうち、表3に示すように。 , 本発明で合成されたアドレノクロームモノアミノグアニジンの塩は、水への溶解性が高いため、水性投与量、特に注射用に高密度で良好に調製すること 本発明で合成されたアドレノクロムモノアミノグアニジンの水溶液の調製には可溶化剤は不要である。 したがって、従来のアドレノクロムモノセミカルバゾンを水中で可溶化するために必要なサリチル酸ナトリウムなどの可溶化剤の大量添加に起因するような臨床的問題は提起されない。 , 表3. アドレノクロームモノアミノグアニジンの販売水に溶ける溶解度外観ポイント(20 0で。 塩: 塩酸塩の深紅、針の水晶235から240C12mg。 ギ酸塩の深いオレンジ、針の水晶15mg。 10mgJmlのメタンのsultonateのオレンジ、針の水晶110mg。 エルレンマイヤーフラスコ 漏斗を通して濾過した後、溶液を700mlで採取する。 , Erlenmeyerフラスコ、および400ml。 それにアセトンが加えられる。 溶液を冷却すると、約3. 8gm。 アドレノクロムモノアミノグアニジン塩酸塩は精製された深赤色針結晶の状態で得られる。 塩酸アドレノクロームモノアミノグアニジンは水に十分に可溶性である-すなわち12mgである。 そのうち1mlに可溶である。 20C. , 実験で得られたアドレノクロームモノアミノグアニジン塩酸塩はヒスタミンによる毛細血管透過性である。 1'アドレノクロムモノアミノグアニジン塩の皮膚用量は、2kgの重量を量る動物において有意にヒアルロニダーゼの作用をhibited。 それぞれ。 1-0. 4mgの用量。 静脈内注入されたアドレノクロムモノアミノグアニジン塩の陰圧の適用によって引き起こされる点状斑形成に有意な予防効果を有した。 アドレノクロムモノアミノグアニジン塩は1-3mgを投与した。 , 圧力低下によって誘発される肺出血に対して明確な保護効果を有した。 アドレノクロムモノアミノグアニジン塩を静脈内注入した場合,血圧,呼吸およびECGに有意な変化は認められなかった。 いくつかの他の実験では、アドレノクロムモノアルニノグアニジン塩は、筋肉疲労に対する修復効果を示した。 本発明で合成されたアドレノクロムモノアミノグアニジンおよびその塩は、ほとんど毒性を有さない。 動物実験では、grの重量を量るマウスはありません。 8mgの皮下注入後でさえ死亡した。 アドレノクロムモノアミノグアニジン硫酸, マウスに腹腔内注入されたアドレノクロムモノアミノグアニジン硫酸のLDは11. 75mgであった。 4mgであったが。 , 内科分野では慢性腎炎に対して90%、出血性素因に対して67%、紫斑病に対して100%、鼻出血に対して100%、皮膚科および泌尿器科の分野では急性湿疹に対して100%、蕁麻疹に対して100%、皮膚炎に対して100%、精巣上体切除術に対して100%、腫瘍切除術に対して100%、腎摘出術に対して100%、産科および婦人科の分野で有効であった。 それらは機能的子宮出血に対して有効な95%、分娩後出血に対して90%であった。 , これら以外にも,直腸出血,月経過多,尿路出血,肺出血,網膜出血,胃腸出血,特発性腎出血,血液腎症の予防-治療に顕著な効果が報告されており,さらに手術後の出血-血管外漏出,ペミオネスなどの毛細血管脆弱性による疾患,単純性紫斑病,多形性紅斑などの予防-治療に有効であることが報告されている。 副作用は報告されなかった。 , 以上の要約された臨床報告から、本発明に従ってシス化されたアドレノクロムモノアミノグアニジンおよびその塩は、副作用が無視できる優れた止血剤および毛細血管状安定化剤として調製されることが述べられる。 私は主張する: 1. アドレノクロムモノアミノグアニジンを製造するプロセスは、2. 5と3. 58の間のpHを維持しながらアドレノクロムモノアルニノグアニジンをアルカリを添加して沈殿させながら、酸溶液中のアドレノクロムをアミノグアニジンと反応させるステップを含む。 , 前記酸溶液が酢酸を含み、前記アルカリが苛性ソーダである請求項1記載の方法。 アドレノクロムモノアミノグアニジンの非毒性塩を製造するプロセスは、2. 5と3. 5 8の間のpHを維持しながらアミノグアニジンとaqueous液中のアドレノクロムを反応させ、不活性水溶性有機溶媒を添加し、アドレノクロムモノアミノグアニジンの塩を収集することを含む。 , PHが酸添加によって維持される請求項3の方法は、酸が鉱酸、硫酸、硝酸および塩酸からなる群から選択される、有機カルボン酸、酢酸、ギ酸、クエン酸および酒石および有機スルホン酸からなる群から選択される、メタンスルホン、エタンスルホンおよびヒドロキシメタンスルホンからなる群から選択される、溶媒がアルコール、アセトン、エーテルおよびそれらの混合物からなる群から選択される。 , アドレノクロムとアミノグアニジンを2. 5-3. 58のpHで水溶液中で反応させることによりアドレノクロムモノアミノグアニジンを生成するプロセスは、アルカリ、メチルアルコール、エチルアルコール、アセトンからなる群から選択される化合物を添加することによってアドレノクロムモノアミノグアニジンの分離が促進される。 請求項5で得られたアドレノクロムモノアミノグアニジンを相当量の酢酸を含む水溶液に溶解し、これにアルカリを加え、前記生成物を再沈殿させることにより、アドレノクロムモノアミノグアニジンを精製するプロセス。 , 引用された参考文献米国特許その他の参考文献Weissberger,Technic of Organic Chem,vol. 111, pp. 549-559。 株式会社インターサイエンス出版、ニューヨーク、1956年。 アレックス-マゼル一次審査官 I. ナルカベージ審査官の助手です アメリカCl. 260999請求項 1 1. アドレノクロムモノアミノグアニジンを製造するプロセスは、2. 5と3. 58の間のPHを維持し、アルカリを添加してアドレノクロムモノアミノグアニジンを沈殿させながら、酸溶液中のアドレノクロムをアミノグアニジンと反応させるステップを含む。 , 残留親和性および協調に関する研究。 パートXXXIV. 6,7-ジメチル-9-ホルミルメチルイソアロキサジン、6,7-ジメチル-9- 2'-ヒドロキシエチル -イソアロキサジンおよび誘導体1 2004-06-09, 二環式ヒドロキサム酸誘導体 1973-01-16 イソオキサザリン-3-イル置換-5-ニトロイミダゾール 1985-01-08 化合物製造方法 1965-11-16 1-メチルエルゴタミンおよびエルゴコルニン 1961 1,2-ジチオリウムカチオンである。 新しい擬似芳香族システム。 3-フェニル-および4-フェニル-1、2-ジチオリウム塩の調製および特性 2007-04-05 スルホンアミド含有インドインド誘導体 2006-10-11 1-メチル-2- 4-アミジノフェニルアミノメチル -ベンズイミダゾール-5-イル-カルボン酸- n-2-ピリジル-n-2-ヒドロキシカルボニルエチル -アミドの新規プロドラッグ、 1949, アスペルギル酸の類似体。

南漢民族の遺伝的歴史はよく研究されている。

17

ブラックML、ワイズカリフォルニア、王W、ビットルズああ。 デュR、イップVF、エディター。

15

S-アドチノンの100-300mgの用量は、単回静脈内注射によるすべての予想照射の15-30分前に与えられたか、または癌患者の放射線療法の過程で経口分割用 S-Adchnonによって治療された150例の合計は、保護剤を受けていない100対照例と比較した。 05291)と0. アナリティカ-チミカ-アクタ1976,85 1 , 161-168. この本は、非常に少ない対話と80%の内部博覧会です。 出願中番号JP3663376Aその他の言語発明者中島和久太志谷明原譲受人日本合成化学Ind株式会社優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日優先日 Googleは法的な分析を行っておらず、記載されている日付の正確さについては表明していません。

20

電源のジャーナル2020、460、228124。

7

, これのどれも、どのような方法で真実であるという証拠によっても裏付けられません。

1

Jモル-エヴォル 1980; 16: 111—120. 281,029,may16,1963,山西康仁によって提出されたが、現在は放棄されている。

6

ジェームズ-R-ジレット, 毒性代謝物の形成におけるミクロソーム酵素の役割の概要。 分析書1993,26 2 , 281-294. アミノクロムの化学。 メールプリント6株マングース Adrenochromeは凍結乾燥することができます。

15