お宝 幕府。 生活のための空間:東京の都市景観が変化にどのように対処するか

日本の国宝のいくつか 国宝(こくほう)は、日本の中で最も貴重なものであり、(特別な機関)によって決定され、指定されているものである。 有形文化財は、"建造物"または"美術工芸品"に分類される歴史的または芸術的価値のあるものとみなされます。 "それぞれの国宝は、優れた技量、世界文化史のための高い価値、または奨学金のための例外的な価値を示さなければなりません。 国宝の約20%は、、、または住居などの構造です。 , 他の80%は絵画、巻物、作品、木、青銅、漆または石の彫刻、彫刻などの工芸品、金属工芸品、織物、考古学的および歴史的な遺物です。 アイテムは、19世紀の文書や文章から世界最古の陶器の作品を含む、古代から近世の日本の前の期間にまたがります。 2009年の指定、2014年の指定、および追加された三つの近代的な、ポスト、国宝。 日本には、その文化的遺産を保護、保存、分類するための法律の包括的なネットワークがあります。 , 物理的および無形の財産およびその保護に関する点は、日本の保存および修復の慣行の典型的なものです。 指定国宝を保護する方法としては、変更、譲渡、輸出の制限、助成金や減税などの財政支援があります。 文化庁は、所有者に対して、物件の修復、管理、公開に関するアドバイスを提供しています。 これらの取り組みは、指定された構造物の建設環境と作品の修復に必要な技術を保護する法律によって補完されています。 , 古代から19世紀にかけての地域では、最も国宝があり、一人で五つの国宝の中で約一つを持っています。 美術品や工芸品は、一般に個人所有であるか、または、、、、、、、、、、などの国立博物館、および私立美術館を含む博物館にあります。 宗教的なものは、寺院や神社、または隣接する博物館や宝物の中に収められることが多いです。 岡倉覚蔵 日本の文化財は、もともと仏教寺院、貴族や家族の所有権にありました。 , その後の廃仏毀釈による廃仏毀釈によって、仏教建築物や美術品が破壊された。 1871年、政府は支配するエリートの象徴と考えられる寺院の土地を没収した。 大名に属する財産は収用され、歴史的な城や住宅は破壊され、推定18,000の寺院は閉鎖されました。 同時期に、日本の文化遺産は工業化の進展によって影響を受けた。 その結果、仏教や神道の機関は貧しくなった。 , 寺院は腐敗し、貴重なものが輸出されました。 1871年、古器物保存計画(古器物保存方、古器物保存方)と呼ばれる日本の古美術品を保護するための令が出された。 大学からの勧告に基づき、都道府県、寺院、神社に重要な建物や芸術のリストを作成するよう命じました。 しかし、これらの努力は、急進的な西洋化に直面しては効果がないことが判明しました。 1880年には、政府は古代の神社仏閣の保存のための資金を割り当てました。 , 1894年までに539社の社寺が政府からの補助金を受けて修繕や再建を行った。 五重塔、五重塔、五重塔は、この時期に修繕された建物の例である。 1888年から1897年の間に行われた調査では、芸術的または歴史的なメリットの210,000のオブジェクトを評価し、カタログ化するように設計されまし 19世紀末は、文化的価値観が西洋のアイデアの熱狂的な採用から日本の遺産への新たな関心へと移行するにつれて、日本の政治的変化の時代でした。 , 日本の建築史が登場し始め、建築史に関する最初の本が出版され、新しくまとめられた建物や芸術の目録に刺激されました。 によって所有されている最初の 明治5年(1897年)には古寺社保存法(法第49号)が制定され、日本の歴史芸術-建築の保存に関する最初の体系的な法律であった。 , 建築史家や建築家の指導の下で策定された法律では、建物の保存と美術品の修復のための政府の資金(20条)が制定されました。 この法律は、建築構造に関する建築および美術品に適用され、歴史的な独自性および優れた品質が確立されることを条件として適用された(第2条)。 財政支援の申請は総務省に行われ(第1条)、修復または保存の責任は地方公務員の手に委ねられた(第3条)。 , 修復工事は、国庫から直接資金を調達した(第3条)。 明治15年(1897年)に第二法が成立し、寺社所蔵の美術品を"国宝"に指定する附則が定められた。 新法では、宗教建築物の一部を"特別保護建物"に指定することも定められていました(特別保護建物、特別法号建造物群)。 主な基準は"芸術的優位性"と"歴史的証拠としての価値と歴史的関連の豊かさ"であったが、作品の年齢は追加の要因であった。 , 指定された作品は、絵画、彫刻、書道、書籍、手工芸品のいずれかのカテゴリからである可能性があります。 剣は後に追加されました。 この法律は宗教施設で保管されている物品に対する保護を制限していたが、私有の物品は保護されていなかった。 美術品や建造物の修復のために指定された資金は20,000円から150,000円に引き上げられ、文化財の破壊に対する罰金が設定されました。 所有者は、新しく作成された博物館に指定されたオブジェクトを登録する必要があり、売却の場合に最初の購入オプションが付与されました。 , 当初、atを含む新しい法律の下で44の寺社建築物と155の遺物が指定されました。 1897年の法律は、今日の保存法の基礎となっています。 彼らが制定されたとき、唯一、、、および他の四つのヨーロッパ諸国が同様の法律を持っていました。 新しい法律の結果として、'sは1906年に始まり、1913年に仕上げて復元されました。 1914年、文化財の管理は内務省から文部省(現在の)に移管された。 プロテクションの延長 [ ], 20世紀初頭、近代化は日本の風景を変え、歴史的および天然記念物に脅威を与えました。 "皇室古代遺跡調査会"や"史跡-老木の調査-保存会"などの有力者の会がロビー活動を行い、保存対策の決議を達成した。 , これらの取り組みにより、1919年に史跡-名勝-天然記念物保存法(史跡名勝延年年仏宝尊法)が制定され、寺社-美術品と同様に保護-目録が作成されました。 1929年までに約1,100件が1897年の"古社寺保存法"に基づいて指定されていた。 "ほとんどは7世紀初頭から17世紀初頭にかけての宗教的な建物でした。 およそ500棟の建物が大規模に修復され、国の予算によって提供された資金の90%が復元されました。 , 頻繁に用いられた新しい材料および技術の間の復帰。 1931年、1929年の国宝保存法により国宝に指定された。 1929年には国宝保存法が可決され、同年1月に施行された。 この法律は1897年の法律に取って代わり、文化財の輸出または除去を防止するために、官民機関および個人が保有する国宝の保護を拡大しました。 , 保護の焦点は、古い宗教的な建物のためだけでなく、、住宅、およびより最近に建てられた宗教的な建物のためだけではありませんでした。 これらの建物の多くは明治維新後に封建的から私有に移されました。 国宝に指定された最初の住宅は、1937年の吉村邸、1944年の小川邸である。 "国宝"という指定は、美術品や歴史的建造物に適用されました。 新法は、指定されたプロパティの将来の変更のために取得する許可を必要としました。 , 1930年の南大門の修復により、保存の基準が改善された。 建築家が現場の復興作業を監督しました。 大規模な修復報告は、計画、調査の結果、歴史的資料、および行われた作業の文書化を含む、標準となった。 1930年代には、修復費用の約70-75%が国家予算から得られ、戦争中でさえ増加した。 1930年代初頭に日本はに苦しんだ。 , 経済危機によりまだ国宝に指定されていない美術品が輸出されないようにするため、重要美術品の保存に関する法律(じょうようびじゅつひんとうのほぞんにかんするほうりつ)が昭和1年(1933年)に可決された。 これは、輸出に対する保護を含む一時的な保護を備えた簡易指定手続きを提供した。 寺社-住宅など約8,000件が保護されている。 , 1939年までに8,282点(絵画、彫刻、建築、文書、書籍、書道、刀剣、工芸、考古資料)が国宝に指定され、輸出が禁止されていた。 指定された建物の多くの間にカモフラージュされ、保護のために水タンクと火の壁が設置されました。 それにもかかわらず、206の指定された建物は、1945年に破壊されました。 1938年に国宝に指定された九世紀は、戦争の結果として1945年に火災によって破壊されました。 , 文化財保護法[]と五重塔、世界最古の木造建築の二つ、約700年の歴史があります 現存する世界最古の木造建築物の一つであり、"古代寺社保存法"に基づいて最初に保護されている宝龍寺の金堂は、昭和26年(1949年)に火災を起こし、貴重な七世紀の壁画が損傷した。 , この事件は文化財保護法の再編を加速させ、昭和30年(1950年)に起草された文化財保護法が制定され、同年29月に施行された。 新しい法律は、1919年、1929年、および1933年の法律を組み合わせた。 これまでの保護法の範囲は、芸能-応用芸能などの"無形文化財"、"民俗文化財"、"埋蔵文化財"に拡大されました。 ,"この法律が制定される前は、特に絶滅の高い無形文化財のみが保護されていました。 国際的な基準によってさえ、広い範囲の特性は1950年の法律によってカバーされました。 この法律は、今日の先駆けである文化財保護委員会の設立の基礎となった。 重要文化財の選定、文化財の改変-修繕-輸出の制限、保存-利用のための措置などを行った。 , 法施行規則では、有形-無形の文化財と"史跡-名勝-天然記念物"の三つの大きなカテゴリーを定めています。 "有形文化財"とは、"高い芸術的価値または歴史的価値"または"高い学術的価値の考古学的資料(またはその他の歴史的資料)の対象として定義されました。 "指定された建物は、設計または建築技術において優れていること、歴史的または学術的価値が高いこと、または運動または地域の典型であることが求められていました。 , 有形文化財については、重要文化財と国宝の二つの等級で制度が確立されている。 文部大臣は、"世界文化の観点から特に価値の高いもの、または日本国民にとって優れたものであるもの"として重要文化財を国宝に指定しています。 "以前に指定されていたすべての国宝は、最初に降格されました。 昭和9年(1951年)から新国宝に指定されている。 , 国会の決定により、aとして指名される財産は1950年の法律に基づいて保護される必要があります。 文化財保護の最近の動向 [ ] 国宝は昭和9年(1951年)から文化財保護法に基づき指定されている。 この法律は現在も施行されており、その後、保護保存制度を再編し、より多様な文化財にその範囲を拡大する改正および追加法が補足されています。 , これらの変更の一部は、間接的に指定された国宝の保護に影響を与えました。 流れの設計のカートの車輪が付いているラッカー洗面用品の箱。 1960年代には、保護された建物のスペクトルが西洋建築の初期の例を含むように拡大されました。 1966年、古都の保存に関する法律が可決された。 この制限については、 , , 現 , 、、、、地域の多数の国宝が存在します。 1975年に法律は、必ずしも首都に位置していない歴史的建造物のグループを含むように拡張されました。 , 1975年の第二の大きな変化は、政府が直接の歴史的または芸術的価値のために有形または無形の財産だけでなく、文化財の保存のための技術にも保護 このステップは、工業化の結果として生じる熟練した職人の不足のために必要でした。 保護される技術には、絵画や書道の巻物への取り付け、木製の彫刻の修理、仮面、衣装、楽器の製造などが含まれていました。 , 近代住宅(以降)の中では唯一の国宝である。 1996年に"国宝"と""の二層制が追加され、保存-使用が重要な文化財として登録された。 当初は建物に限定されていたが、新たに設置された重要度は、重要文化財の待ち受けリストとして、また国宝の延長として機能した。 この制度の下では、後期から後期にかけて、主に産業および歴史的な住宅が多数登録された。 , 重要文化財や国宝に比べて、文化財の登録には所有者に対する責任が少なくなります。 20世紀末から文化庁は、1868年から1930年にかけて建設された建造物や、過小評価されている地域の建造物を指定することに重点を置いてきました。 復旧作業に必要な原材料や工具の供給不足が代理店によって認識されました。 1999年に保護庁が都道府県-指定都市に移管された。 , 2011年の結果、国宝五棟を含む714棟が被害を受けた。 影響を受けた国宝は、(本堂と僧侶の部屋)、および仏殿です。 指定手続き[]文覚僧の45条の規則と規則、カテゴリ古文書の国宝。 日本にとって高い歴史的価値、芸術的価値、学術的価値を有する有形の文化製品は、三層システムに記載されています。 保存-利用が必要な物件は、"登録文化財"としてカタログ化されています。 重要なものは"と指定されています。 ", 真に卓越した技量、特に世界文化史上の価値が高い、または学問に優れた価値を示す重要文化財は、"国宝"に指定することができます。 "指定を達成するために、重要文化財の所有者は、登録に関する情報のために連絡するか、または連絡されます。 後者の場合、法律で要求されていないにもかかわらず、代理店は常に事前に所有者に同意を求めます。 , その後、文部大臣が任命した五人の委員で構成される文化審議会に連絡し、"文化に関する幅広く著名な見解と知識を得ている。 "理事会は調査委員会の支援を求め、最終的に文化庁に報告書を作成することができる。 彼らが推薦を支持する場合、財産は文化財の登録リストに載せられ、所有者は結果を知らされ、官報に発表される。 , 指定ポリシーは意図的に抑制され、指定されたプロパティの数を低く保ちます。 この点では、日本のそれに似ています。 21世紀に入ってからは、毎年九つの物件が指定されるようになった。 カテゴリー [ ] 文化庁は、種類に基づいて十三のカテゴリーの国宝として有形文化財を指定している。 機関は、一般的に"建物や構造物"(建物、建造物物)と"美術工芸品"(美術工芸品、美術工芸品物)を区別しています。 各主なカテゴリはサブカテゴリに分かれています。 , 構造文化財228件、美術工芸品文化財897件を七つに分けている。 城[]より包括的なリストについては、を参照してください。 "城郭"のカテゴリは、五つのサイト(、、、、)にある九つの指定国宝を含み、、、および接続ギャラリーなどの十八の構造から構成されています。 姫路城は、日本で最も訪問された城であり、aは、五つの国宝を持っています。 , 指定された構造は、建設の遠地点を表し、16世紀後半から17世紀前半にかけての終わりからのものです。 石の基礎の上に木と石膏で建てられた城は、軍事要塞だけでなく、政治、文化、経済の中心地でした。 彼らはまた、のための住居を務めました,彼の家族,そして. 最も古い建造物は、松本城にある北西の小天守と呼ばれる時代の二等天守である。 現代および歴史的な住宅[]より包括的なリストについては、を参照してください。 , 住宅建築には、1867年以前の"近代住宅"と"歴史的住宅"の二つのカテゴリーがあります。 現在、唯一の近代的な住宅国宝は1909年に建てられた院です。 1485年から1657年の間にさかのぼるフォーティーン国宝は、歴史的な住居のカテゴリに記載されています。 テンはに位置しています。 の構造など、ゲストやレセプションホール. 産業-運輸-公共事業に関する構造 [ ], 2014年には、日本最古の近代模型製糸工場が"産業交通・公共事業に関する建造物"(産業交通・公共事業に関する建造物)の中で唯一の国宝に指定されました。 政府によって1872年に設立され、これは第二の近代的な(ポスト)構造の国宝です。 指定物件には、製糸工場や東西の繭倉庫などのいくつかの建物が含まれています。 スクール [ ], 日本で最も古い学校の一つである院は、2019年に"学校"(学校、学校)のカテゴリーの唯一の国宝に指定されました。 この機関は、1876年に現存する建物に移転した直後に設立されました。 神社[]より包括的なリストについては、を参照してください。 "神社"の範疇にある国宝には、本堂()、拝殿()、門、供養堂()、祓殿()などの関連する建造物が含まれる。 , 現在、このカテゴリーには41の国宝があり、12世紀(後期)から19世紀(後期)にかけてのものです。 式年遷宮祭の伝統によれば、建物や神社は定期的に忠実に再建され、元のデザインに従っていました。 このようにして、古代のスタイルは何世紀にもわたって現在まで複製されてきました。 現存する最古の社殿は、12世紀(後期)の本堂である。 , 指定建造物の約半分は、日本の三県にある。 五つの国宝を持っています。 寺院[]より包括的なリストについては、を参照してください。 本堂(、)、鐘楼、回廊、その他の堂や構造物などの仏教寺院に関連する構造物は、"寺院"(寺院、慈院)のカテゴリーに指定されています。 現在157の国宝が指定されており、6世紀の世界最古の木造建築物や世界最大の木造建築物である"大仏殿"などがあります。 , この建造物は、1000年以上にわたる日本の仏教建築、6世紀()から19世紀(後期)にかけてをカバーしている。 指定されたプロパティの約四分の一は、に位置しています,とともに60国宝の寺院の構造で31インチ. 国宝に指定されている建物の数は最も多く、18棟の建造物があります。 前の講堂 "その他の構造"(そのほか、そのほか)は、他のいずれのカテゴリにも分類されない四つの"その他の構造"(そのほか)がある。 , 彼らはノースステージin's、旧inの講堂、ローマカトリックin、およびinの王室です。 1581年に建てられた北能舞台は、舞台、合唱のための側舞台(脇座)、音楽家のための場所(後座)、舞台に出入りする通路(橋掛)からなる現存する最古の構造です。 1701年半ばに建てられた、庶民のための教育機関である静谷学校の講堂は、平屋建ての建物です。 , 平らな広い凹状のタイルと縫い目を覆う半円筒状の凸状のタイルで構成されるヒップ-アンド-ゲーブル()瓦屋根を持っています。 大浦教会は、1864年(元治5年)1597年にフランスの司祭ベルナール-プティジャンによって設立された。 教会のファサードは、その執行場所である西坂の丘に面しています。 ゴシック様式の構造で、現存する日本最古の木造教会です。 , 1501年に王によって建てられた玉雲殿は、二つの石垣の囲いと三つの墓コンパートメントからなり、伝統に従って一時的に琉球王族の遺跡を保持してい より包括的なリストについては、古文書[]を参照してください。 貴重な文書は"古文書"(古文書)に指定されている。 このカテゴリには、手紙や日記からレコードまで、62の項目または項目セットがあります。 国宝の一つはリネンの地図であり、もう一つは石の碑文です。 , しかし、カテゴリ内の他のすべてのオブジェクトは、紙の上に筆で作成され、多くの場合、初期の重要な例を提示しています。 最も古いものは7世紀後半から19世紀後半にかけてのものである。 カテゴリ内のエントリーの約半分がに位置しています。 考古学資料[]より包括的なリストについては、を参照してください。 "考古資料"(こうこしりょう)には、最も古い文化財の一部が含まれており、48の国宝が指定されています。 , このカテゴリーの国宝の多くは、もともと墓の一部として埋葬されたり、寺院の基礎のための供養として埋葬されたり、その後墓から出土したりする大きなもので構成されています。 最も古いものは、日本文明初期を反映した火炎型の陶器や土偶です。 その他、銅鏡や鐘、宝飾品、古刀、ナイフなどが出品されています。 最も最近のオブジェクト、六角形の石の柱は、1361年にさかのぼります。 ほとんどの資料(30)は博物館にあり、六つの国宝があります。 工芸 [ ], "工芸品"(こうげいひん)には国宝254点が含まれており、そのうち122点が刀剣、132点がその他の工芸品である。 刀のための包括的にリストされます。. 刀剣は工芸品に含まれ、刀剣そのものまたは刀身のいずれかが国宝に指定されています。 現在、110本の刀剣と12本の刀身が国宝に指定されている。 最も古い指定物件は七世紀にさかのぼる()。 ただし、86の項目はからのものであり、最新のオブジェクトはからのものです。 , 指定されたものは、仏教寺院、博物館、個人コレクションにあります。 より包括的なリストについては、非剣を参照してください。 工芸カテゴリーには、日本、中国、韓国の陶器、鏡や鐘などの金属製品、仏教儀式品など、箱、家具、馬具などの漆器、織物、鎧などが含まれます。 これらのアイテムは、古典から近世の日本にさかのぼります—と仏教寺院、、博物館に収容されています。 また、このカテゴリには、参拝者が贈った神宝も含まれています。 , 宝物はそれぞれの神社の祭神に捧げられました。 それらは衣服、家庭用品、およびその他のアイテムからなる。 史料[]祈りの中で 三つの国宝セットは、"史料"のカテゴリーに分類されています(資料、歴史史料)。 一つのセットは、に関連する1,251項目で構成されています,の王,誰が15世紀から19世紀の間のほとんどを支配しました. 指定された項目は、第二章王朝(16世紀から19世紀の間)にさかのぼり、に位置しています。 , このセットの中には、建設計画や葬儀のレジスタを含む1,166の文書やレコードがあり、85は衣服や家具の物品を含む工芸品です。 第二のセットは、絵画、文書、儀式のツール、ハーネス、およびヨーロッパへの彼の1613年から1620年の貿易使節団(大使館)から持ち帰った衣類のアイテムで構成され 長倉はメキシコシティ、マドリードを経由してローマに向かい、日本に帰国した。 , 指定されたアイテムのセットは47のオブジェクトで構成されています:1615年のローマ市民権の文書、の肖像画、マドリードでの回心後の祈りの中で長谷倉の肖像画、19の宗教画、聖人の写真、十字架やメダルなどの儀式のアイテム、25の司祭の衣服などの馬具や衣服、インドネシアとベンジャミン-テンゼ、短剣。 三つ目のセットは、日本人に関連する2,345項目で構成されています。 , 指定物は、伊能忠敬記念館に保管されており、地図-図面787枚、文書-記録569枚、手紙398枚、書籍528枚、測量器などの道具63枚が含まれています。 絵画[]より包括的なリストについては、を参照してください。 8世紀の古典奈良時代から近世19世紀の江戸時代にかけての日本と中国の絵画は、"絵画"(絵画、kaiga)のカテゴリに掲載されています。 カテゴリ内の162国宝は、仏教のテーマ、風景、肖像画、宮廷のシーンが含まれています。 , 91点は手巻物、38点は手巻物、23点は引き戸()、三点はアルバムである。 彼らは博物館、仏教寺院、個人コレクション、大学、二つの墓(と)に位置しています。 アイテムの大部分は、の国立博物館に収容されています、、および。 国宝の絵画の数は51点、48点で最も多く、東京国立博物館には東京絵画の半数以上があります。 彫刻[]より包括的なリストについては、を参照してください。 140の国宝の彫刻や7世紀から13世紀までの彫刻のグループがあります。 ほとんどの(109)彫刻は木製であり、リスト内の十二のエントリは青銅であり、十一は粘土で作られており、一つのエントリは、石の彫刻のグループで構成されて 像はちょうど10センチメートル(3. 9インチ)から13メートル(43フィート)と15メートル(49フィート)の大仏のためにサイズが異なります。 , 140のエントリのうち41のエントリがあります。 いくつかの例外を除いて、彫刻は仏教寺院にあります。 そして、それぞれ18と18の指定で、最もエントリを持つ場所です。 院、院、院はそれぞれ彫刻部門において一つの国宝、四つの神々の彫刻からなる国宝があり、市に属している。 より包括的なリストについては、、、およびを参照してください。 , 書写、詩、歴史書、専門書などの様々なタイプの書かれた資料は、"書"(文・書、書跡、伝跡)のカテゴリーに指定されています。 228点あるいはセットは、主に6世紀からの帝国時代にさかのぼる国宝である。 ほとんどは紙の上に筆で作られ、多くの場合、の重要な例を提示しました。 保存活用対策[]文化財の保護日本建築に見られるタイプである東京の形をしたロゴマーク。 , 指定国宝の保存と利用を保証するため、1950年の"文化財保護法"に一連の措置が定められました。 これらの直接的な措置は、建築環境(建築の場合)を保護することを目的とした間接的な努力、または修復作業に必要な技術によって補完される。 国宝の所有者または管理者は、作品の管理と修復を担当しています。 , 財産の紛失、破壊、破損、改ざん、移転、所有権の移転があった場合は、文化庁に相談しなければなりません。 物件の変更には許可が必要であり、修理が行われる30日前に代理店に通知される必要があります。 , 国宝が破損した場合、コミッショナーは所有者またはカストディアンに物件の修理を命じる権限を持ち、所有者が不適合である場合、コミッショナーは修理を行うことができる。 国宝の譲渡は一般的に制限されており、輸出は禁止されています。 'sトライアドの作品です。 , 民間所有者が財産へのアクセスを許可または権利を譲らなければならないという要件は、監督下の財産が国宝に指定されていない理由と考えられています,例外を除いて. 宮内庁は、皇室財産は十分な保護を有しており、文化財保護法上の追加の保護を必要としないと考えている。 , 政府は、文書のシステムや博物館や文化研究センターの運営を通じて、文化財に対する科学的および公共の利益を満たしています。 保護措置は、所有権の責任に限定されません。 指定によって得られる威信とは別に、所有者は固定資産税、特別資産税、都市計画税などの地方税免除、不動産の譲渡に適用される国税の削減などの 全36詩集, 文化庁は、国宝の管理、修復、公開に関する事項について、所有者または保管者に助言-指導を提供しています。 文化財保護を目的とした地域活動を推進し、文化財の研究、保護、伝達などを行っています。 , 所有者が見つからない、財産が破損している、財産の適切な保護が提供されていない、または財産への公共のアクセスが許可されていない場合、カストディアンは国宝(通常は地方自治体)にちなんで命名することができます。 火災予防施設やその他の防災システムの修理、保守、設置については、政府が補助金を提供しています。 土地や文化財の購入については、自治体が補助金を受けています。 指定され特性は一般に増加す。 , 文化庁が2009年度の"国宝-重要文化財の保存事業の円滑化"に割り当てた予算は、12,013百万円または庁の総予算の11. 8%であった。 文化財保護の強化は、旧派遣隊を含めて62,219百万円、総予算の61. 0%が割り当てられました。 統計 [ ] 日本の文化財一覧(にほんのぶんかざいいちらん)は、日本の文化財データベースにおいて、国宝などの指定文化財の一覧を公表している。 , 平成25年(2020年)現在、国宝は美術工芸品部門で897件、建造物部門で228件ある。 関連するオブジェクトが共通の名前でグループ化されることがあるため、美術工芸品の総数と構造の総数は実際にはより高くなります。 構造的国宝の約89%は本質的に宗教的です。 指定された建物の8%を住居が占めており、残りは城やその他の構造物です。 90%以上が木造建築であり、指定された建物の約13%が私有である。 , "美術工芸品"のうち、国宝の30%以上が文書、手紙、書籍などの書かれた資料です。 刀剣、絵画、彫刻、刀工以外のアイテムは、それぞれこのカテゴリーの国宝の約15%を占めています。 地理的分布[]日本の都道府県における建築-構造国宝の分布 日本における国宝の地理的分布は非常に不均一である。 このような遠隔地や指定物件が少なく、ほとんどの都道府県では国宝の建造物がいくつかしかない。 , 二つの県は国宝を持っていない。 中央の四つの都道府県は、それぞれ十以上の国宝の構造を持っています: 11 , 52 , 64 , そして 22。 それらは合わせて、日本のすべての構造国宝の149または66%を占めています。 三つのサイトは、92構造の国宝を持っています:、1000年以上のための朝廷の座と、約600年によって設立された、と、710年から784年にかけて。 美術工芸品国宝は、遠隔地では少なく、より高い濃度で、同様の方法で配布されています。 , この地域の七つの県は、すべての芸術と工芸品の国宝の499、または56%を保有しています。 国宝の建物は二つしかなく、このカテゴリーの文化財の数は非常に多い。 東京都にある209件の物件のうち、88件が該当します。 年齢 [ ] 指定されたアイテムは、6,500年前の最古の考古学的国宝、20世紀初頭の赤坂御殿をはじめ、古代から現代までの歴史を概観しています。 , 国宝のいずれかのカテゴリの項目は、時間の全体の間隔を表すのではなく、特定の芸術性や建築の種類が栄えた時間によって決定され、一致する短• 国宝は、7世紀末から約150年後の6世紀半ばから19世紀()にかけての時代をカバーしている。 日本における歴史は寺院の歴史よりもさらに古いものです。 , しかし、式年遷宮祭と呼ばれる定期的に神社を再建する伝統があるため、最も古い神社の構造は12世紀後半にさかのぼります。 典型的なのは、50年の建設から始まった1576年の期間の産物であり、城のスタイルと機能の変化を示しています。 城の建設は1620年に終わり、1615年に破壊され、その後新しい城の建設が禁止されました。 日本では、安定した生活パターンの最初の兆候と日付は、約14,000紀元前から300紀元前に。 , 北日本の遺跡から発見された土偶()および世界最古の陶器の一部は、"考古学資料"のカテゴリーで最も古い国宝に指定されている。 最も古いものの一部項目の対象を発見するために設計されています。 指定された"工芸品"、"文章"、"彫刻"の開始日は、552年の日本への仏教の導入に関連しています。 これらのカテゴリーの最も古い指定された国宝の割合は、中国本土と韓国から直接輸入されました。 , 鎌倉時代以降、自然の中で主に宗教的であった日本の彫刻の芸術は衰退しました。 したがって、鎌倉時代以降の国宝の彫刻は存在しない。 また見なさい [ ]• 注[]• の方針の下で、神社は1874年から資金を受け取っていました。 それらのうちのいくつかは複数の指定を持っているので、総数は714です。 登録は、その文化的価値の評価を必要とせずに、そのような構造物の解体を防止する手段である。 保護措置は中moderateであり、通知、ガイダンス、および提案が含まれます。 1年後の2009年現在、7,407件の登録建造物がある。 現在は東京都内に所在する。 参考文献[]• 280• (PDF)。 , 日本の文化庁-2009年度。 アジア太平洋文化センター(ACCU)。 2011年05月24日にアーカイブされた。 2010-05-24を取得しました。 331• (PDF)。 日本財団。 アーバンデザインラボ、 2011年07月22日にアーカイブされた。 2010-05-24を取得しました。 ジャパン-タイムズ 東京:ジャパンタイムズ株式会社. 2009-12-02を取得しました。 1992-10-01. 2009年12月16日に発売された。 135• (日本語で)。 2010年01月11日にアーカイブされた。 2009年11月23日に発売された。 (日本語で)。 2010年01月11日にアーカイブされた。 2009年11月23日に発売された。 東京都:文化財部。 2017年より放送開始。 2017年12月16日に(PDF)からアーカイブされた。 2017年12月17日に発売された。 171• 日本の文化庁-2009年度。 2009. February12,2010に PDF からアーカイブされました。 2010-05-24を取得しました。 東京:東京国立文化財研究所。 2009年10月05日にアーカイブされた。 2009年11月30日に発売された。 , 2011-07-29. 2011年08月13日にアーカイブされた。 2011-08-29を取得しました。 333• 335• 国の文化財データベース(日本語)。 2008-11-01. 2009年12月15日に発売された。 105-106• 内閣府特命担当大臣。 2010年02月21日にアーカイブされた。 2009-12-01を取得しました。 2005. 取得2015-09-08. [構造カテゴリーにおける国宝および重要文化財の指定](PDF)(日本語)。 2019. 2019年10月19日に発売された。 , 2010年01月11日にアーカイブされた。 2009年11月23日に発売された。 2010年01月11日にアーカイブされた。 2009年11月23日に発売された。 1997年 2012年10月25日にアーカイブされた。 2009年11月23日に発売された。 [[大仏殿]](日本語)。 2009年11月23日に発売された。 2009年04月06日にアーカイブされた。 2009年11月14日に発売された。 2012年02月21日にアーカイブされた。 2009年11月14日に発売された。 長崎観光インターネット委員会. 2009年11月14日に発売された。 , 2018年10月19日に発売された。 額田寺伽藍とその周辺地図. 2009年02月12日にアーカイブされた。 2009-05-11を取得しました。 観光協会。 2011年06月13日にアーカイブされた。 2010-11-04を取得しました。 ライブラリ。 2003年。 2011-06-05に PDF からアーカイブされました。 2010-01-03を取得しました。 2006. 2008年05月05日にアーカイブされた。 2009-05-13を取得しました。 2009. 2018年03月26日にアーカイブされた。 2009年11月30日に発売された。 2009-05-14を取得しました。 【日高文化財、国宝】。 2011年07月19日にアーカイブされた。 2009-06-04を取得しました。 東京、ニューヨーク:講談社インターナショナル。 2009年11月28日にアーカイブされた。 2009-09-29を取得しました。 エミュージアム. 2009-08-27を取得しました。 2011年07月22日にアーカイブされた。 2009-05-22を取得しました。 2011年07月22日にアーカイブされた。 , 2009-05-22を取得しました。 2011年07月19日にアーカイブされた。 2009-09-10を取得しました。 2009-09-10を取得しました。 2004-02-20. 2011年10月06日にアーカイブされた。 2009年12月12日に発売された。 [[慶長大使館の資料]]。 2004-02-20. 2011年05月12日にアーカイブされた。 2009年12月12日に発売された。 2010-07-02を取得しました。 東京国立博物館。 , 2009. ジャニス 2009-06-14を取得しました。 ジェームスM. グッドウィン;Janet R. グッドウィン. 2008年12月03日にアーカイブされた。 2009-06-16を取得しました。 ケンブリッジです。 :ハーバード大学アジアセンター。 81-85頁。 2009-06-13を取得しました。 199• 334• 日本の文化庁-2010年度。 2003—2004. 2011年04月09日にアーカイブされた。 2010-11-04を取得しました。 2011-05-08を取得しました。 (日本語で)。 東加賀町立博物館。 2011年07月21日にアーカイブされた。 2009-05-15を取得しました。 2007年11月29日にアーカイブされた。 2009-05-15を取得しました。 117 参考文献[]• コールドレイク、ウィリアム-ハワード(1996年)。 ロンドン;ニューヨーク:. ロンドン;ニューヨーク:. (2007)[1973]。 (イラスト、改訂版ed. ニューヨーク:。 "日本の考古学と文化財管理:戦前のイデオロギーと戦後の遺産"。 ロバートソンでは、ジェニファー-エレン(. , 婦仲間同士の社会的、文化人類学会(ed. ワイリー-ブラックウェル pp. 36-49。 ;Gutschow、ニールス(1998)。 (イラスト編). シュトゥットガルト、ロンドン:版アクセルメンゲス。 ラトガース-シリーズ-オン-ザ-パブリック-ライフ-オブ. ニューブランズウィック州ラトガース大学出版局 Rutgers University Press。 初期の社会におけるケーススタディ。 4 図解エディション. ケンブリッジ、英国;ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版. (2002年)。 (イラスト編). ニューヘイブン:イェール大学出版社。 ジョキレート(ジョキレート)(2002年)[1999年]。 バターワース-ハイネマンシリーズIn Conservation and Museology,Conservation and Museologyシリーズ illustrated,reprint ed. オックスフォード:バターワース=ハイネマン. ニューヨーク:本を読む。 (2004年)。 ランハム、メリーランド州。 :ローマン&リトルフィールド. (イラスト編). Tuttle Co. (イラスト編). 東京、ニューヨーク:講談社インターナショナル。 東京:やまけい。 日本史、ジョージ-ベイリー-サンソム、スタンフォード大学は東アジアの文明を研究している。 1(図解編). カリフォルニア州スタンフォード大学出版社。 要塞シリーズ。 オックスフォード:オスプレイ出版。 九天郷事典(くんてんごうじてん)。 東京:東京出版社。 建築とインテリアデザイン(図解-改訂版). 東京、ラトランド、ヴェストファーレン:タトル出版。 (イラスト編). ディジョン:エディションファトン。 外部リンク [ ] Wikimedia Commonsにはメディア関連す。

宗教的なものは、寺院や神社、または隣接する博物館や宝物の中に収められることが多いです。 , この事件は文化財保護法の再編を加速させ、昭和30年(1950年)に起草された文化財保護法が制定され、同年29月に施行された。

2008年05月05日にアーカイブされた。 117 参考文献[]• 36-49。

彼らが制定されたとき、唯一、、、および他の四つのヨーロッパ諸国が同様の法律を持っていました。

1

より包括的なリストについては、非剣を参照してください。

15

しかし、東京大学建築学部准教授の川添義之は、1964年の都市の不動産開発と2020年のゲームを前にしたものを比較することに反対している。

19

2009年11月23日に発売された。 これらのステレオタイプの画像は、 などの18-19世紀のドラマ かたきうちてんがじゃやむら(1781年) , [] 1860 , このまの星箱根の鹿笛(1880年) , そして[] 1888。 , 重要文化財や国宝に比べて、文化財の登録には所有者に対する責任が少なくなります。

5

, 現在、このカテゴリーには41の国宝があり、12世紀(後期)から19世紀(後期)にかけてのものです。 所有者は、新しく作成された博物館に指定されたオブジェクトを登録する必要があり、売却の場合に最初の購入オプションが付与されました。 , 指定国宝の保存と利用を保証するため、1950年の"文化財保護法"に一連の措置が定められました。

18