住友 生命 たのしみ 未来。 住友生命保険株式会社

統計: 相互会社 1907年日の出生命保険株式会社として設立。 従業員数:57,466人 総資産21. 9兆円(1829億ドル、2003年 NAIC:524113ダイレクト生命保険キャリア 会社の視点: 私たちは、"共生-共栄-共助"の理念のもと、社会-公共の福祉の増進に貢献するとともに、事業の強化-拡大に努めます。 私たちの企業使命は、人々が長く、繁栄して生きる社会の育成に役立つことです。 キー日付: 1907年-日の出生命保険会社を設立。 , 1925年住友財閥が日の出の経営を引き継ぐ。 1926年住友生命保険に社名変更。 1986年ニューヨークとロサンゼルスに住友生命保険代理店アメリカを設立。 1996年:規制緩和が始まり、住友は45. 8億ドルの不良債権を償却する。 1999年日本の保険会社としては初めて介護保険を提供することになりました。 2001年:住友生命保険商品"ライブワン保険"を発売。 , わが国は、金融市場を後押しするために、規制の緩やかさと新たな競争がこれらの産業が直面する問題を解決すると考えて、金融-保険分野における規制緩和の基礎を築き始めました。 1996年、住友は競合他社の市場に参入することを認められました。 会社は新しい世紀に続いた自由化プロセスの間にそれに端を与える新製品およびサービスを開発するために熱心に働きました。 , 1999年には"かいごのすみせい"という介護保険パッケージを発売し、日本で初めて介護保険のオプションを提供する保険会社となりました。 また、金融サービス市場における足掛かりを強化するため、太平洋証券および太平洋投資信託管理の株式を取得しました。 2001年には、顧客が生命保険とさまざまな金融サービスの両方にアクセスできる最先端の保険商品であるLive Oneを開発しました。 , 一方、日本の保険業界は引き続き問題に悩まされており、規制緩和によって前向きな変化がもたらされることはまだ証明されていませんでした。 2000年には、日本の四つの生命保険会社が事業を停止し、多くのアナリストや業界ウォッチドッグが日本の生命保険会社の健康に疑問を表明しました。 住友は、低金利と精彩を欠いた株価は、同社のボトムラインに大混乱をもたらしながら、先に偽造しました。 2003年にはトラブルが続き、住友は収益を上げようとして再編を余儀なくされました。 , 同社はまた、リスクへのエクスポージャーを削減する方法を模索し、これらは、その株式保有を削減し、総資産のわずか6. 4パーセントにそのハイリスク株式の割合を軽減することが含まれていました。 また、介護-医療保険両分野における地位を強化するための戦略を策定しました。 保険業界全体における消費者信頼感の回復に取り組んだことから、日本経済の好転によりその運命は落ち着きました。 住友の長年の歴史はその恩恵を受けていましたが、今後何年もの間、明確な課題に直面しました。 , 会社沿革: 住友生命保険は、競合他社の日本生命保険会社、第一生命保険会社とともに、日本最大の生命保険の一つとして運営されています。 子会社を通じて、個人、グループ生命、介護保険、年金制度、資産運用、事故、火災、自動車保険などを提供しています。 住友生命をはじめとする保険業界は、1990年代半ばから不良債権、規制緩和による競争、低金利、国内経済の低迷などにより苦戦しています。 , 同社は17世紀初頭までの歴史をたどることができる住友営業グループの一員です。 初期の歴史 日の出生命保険会社は1907年に設立され、当初から住友財閥と密接な関係を築いていました。 これらの関係は1925年までに住友財閥が日の出の経営を引き継ぐことになった。 しかし、日の出は相互会社であったため、住友財閥が完全に所有していたのではなく、保険契約者が所有していた。 , 日の出は確かに財閥の一員であり、その事業の多くは財閥の他の支店に関わっていたため、それらの支店は実質的に日の出の大部分を所有していた。 1926年、この密接な関係を意味するために、日の出は住友生命保険株式会社となりました。 住友生命は、第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令官が住友をはじめとする財閥全員に解散を命じるまで事業を拡大し続けました。 , しかし、他の旧財閥と同様に、1952年の日本の占領が終わる前から、それぞれ独立して運営されている住友会社が再び集まり始めました。 日本の法律では巨大財閥は禁止されており、戦後の経連は財閥よりも緩やかな取り決めによってまとめられていた。 企業は財閥の伝統の中で育った幹部の関係によって部分的につながっていましたが、企業間の財務的なつながりや株式のクロスオーナーシップは、しばしば重要であり、時間が経つにつれてより強くなりました。 , 京レツのリーダーとして活動していた住友商事は、"グループ内の企業間の貿易を促進し、財務相互関係を拡大し、グループの中核となる企業間の正式な経営関係を強化してきました"とビジネスウィーク(March31、1990)は述べています。 日本における生命保険事業は、1950年代以降、日本経済と個人の資産の増加とともに成長し、拡大しました。 , 1970年代から1980年代にかけて日本経済が大きな拡大を遂げるにつれて、生命保険事業も同時期に商品や市場の変革を遂げました。 住友生命のポートフォリオは、どのような製品を提供できるかを決定する規制の変更によるものなど、機会を活用するために継続的に調整されました。 1980年代には、ほとんどの生命保険会社が投資戦略を根本的に変え、大企業への融資の減少と株式購入の増加を意味しました。 , 1980年代以前は、資産増加の20パーセントが証券や不動産に投資され、残りの新しいお金は長期貸付に使用されていました。 1980年代に入ると貸出市場が変わり、住友生命は中小企業への融資が好調に推移しました。 その後、市場の競争力が高まり、日本の保険業界を規制する法律の変更により、資金の大部分が海外投資に再割り当てされました。 変化は多様化につながる, 1980年代後半の日本の生命保険事業に影響を与えた要因は、1990年代に入ってから銀行や証券会社との競争を生み出した金融業界の規制緩和、13歳の高齢化社会であった。 ,8万人の1990年には65歳以上であり、着実に増加し、住友生命が世界的に様々なサービスを提供できる市場のグローバル化、1992年の欧州経済共同体の統一、円高、金利上昇、株式市場の変動、日本人のライフスタイルや価値観の変化などがありました。 , 住友生命は、タイムリーな新商品-サービスの提供、販売-効率化のための社内業務の強化、事業を行う地域社会におけるプレゼンスと可視性の強化により対応してきました。 1989年に制定された三年間の"新しい挑戦"計画は、収益性、競争力、効率の向上を目的としていました。 , 子会社である住友生命保険エージェンシー-アメリカは、1986年にニューヨークとロサンゼルスにオフィスを構え、世界中の日本企業の海外従業員給付制度に関する保険アドバイザーとして活動するために設立されました。 再保険契約は、17カ国の主要な生命保険会社13と署名されました。 , その一例として、1989年にオマハの関連会社であるユナイテッド-オブ-オマハとの間で、米国の日系企業に対してグループ-ライフ-ヘルス-デンタル-長期障害者契約を販売し、その損益を共有することが合意されました。 まだ新しいものの、プログラムは非常に収益性が高いと予想されました。 この期間の住友の目標の一つは、生活の様々な段階で個人のトータル生命保険プランナーと財務アドバイザーになることでした。 , 社会の変化に対応して開発された新製品は、生命保険市場の二つの大きなカテゴリーに向けられました:死亡給付政策と遺族給付政策。 日本の高齢化社会と個人資産の大きな増加により、単独保険料養老政策、貯蓄政策、個人年金政策が強化されました。 住友生命は、公的年金制度を補完するために、高齢者向けの医療保険や団体年金のニーズが高まっていました。 , 1990年には、個人年金政策は、日本の生命保険業界で最も急速に成長している分野の一つを占めていました。 その他の動向としては、変額保険(1986年に初めて導入された)、組合や協同組合を通じた中小企業のためのグループ生命保険、中堅企業のための福利厚生プランや補足的なパッケージなどがありました。 1988年以来、生命保険会社は店頭で国債を販売することができ、住友生命は生命保険と国債を組み合わせた新しい商品を提供していました。 , 生命保険会社がその資産を投資するための最も重要な方法の一つは、企業、政府機関、住宅所有者、および消費者への融資を通じてでした。 また、資産は、有価証券や不動産への投資などの資本市場活動に割り当てることができます。 住友生命は、1990年代に入っても収益性と競争力を維持するために、海外事業やグローバル投資を強化し、資産を多様化してきました。 , それは他の国の従業員の福利厚生や社会保障制度について学び、世界中の保険組織との関係を形成していました。 住友生命には13の子会社があり、有価証券への投資を許可していました。 国際金融機関との関係は、1990年にカリフォルニア州の銀行であるセキュリティ-パシフィック-コーポレーションと住成Secpacインベストメント-アドバイザーズと, また、世界第三位の保険ブローカーであるセジウィックグループPLCとの関係を確立し、住友生命はセジウィックグループに日本企業を紹介し、保険に関するアドバイスを行うとしている。 1982年、ニューヨークの住友生命リアルティは、米国主要都市の不動産投資を目的として設立されました。 それはロンドンおよびオーストラリアのオフィスとの海外不動産の努力を強化した。 1990年、不動産事業はオフィスビル、ホテル、ショッピングセンターに15億ドルの資産を持っていました。 , 同社はまた、公共事業や都市開発プロジェクトにおける不動産投資にも注力していました。 住友生命は、1990年にポーランドの作曲家フレデリック-ショパンを記念してポーランドの音楽センターであるヤマハ株式会社、クラシックコンサート用に設計された大阪ビジネスパークのコンサートホールである泉ホールなどとともに、資金調達により企業の良好な市民権に貢献しました。 , 急速に変化する金融市場における収益性を高め、リスクを軽減するための1990年代初頭の重要な動きは、他の金融ベンチャーのものと比較して、生命保険会社が使用するファンド管理手法の違いを示すためのコンピュータシステムの開発でした。 ユーザーは住友生命の全体的なリスクレベルを評価することができ、業界における新しいレベルの専門知識を提供しました。 1990年代以降の苦難を乗り越える, 1990年代初頭までに、日本の銀行部門は、保険業界とともに、不良または不良ローンの過多と株式市場の低迷によってもたらされた困難を経験していました。 1980年代の豊かな時代には、住友をはじめとする多くの銀行や保険会社が不動産と株式の両方に大きな投資を行っていました。 しかし、この投資戦略は、1990年代初頭に日本の不動産市場が崩壊したときに多くの企業を悩ませるようになりました。 住友は、多くの企業よりも優れていますが、依然として貧しい投資への暴露の痛みを感じていました。 , 1996年、同社は45. 8億ドルの不良債権を償却しました-単一の年で生命保険会社による最大の償却です。 A23. "新しいチャネル、製品のための保険会社のレース"日経ウィークリー、September6、1999、p. "政策の低下に見舞われた生命保険会社"、日経ウィークリー、December1、1997。 "ノーリターン:生命保険会社はいくつかの厳しい決定を下す必要があります"朝日新聞、July9、2002。 "住友生命は太平洋買収"ジャパンタイムズ、October5、1998、p. "住友生命は不良債権で458億ドルを償却する"Wall Street Journal,June11,1996,p. A10. 植村信康"障壁を越えた保険部門"日経ウィークリー、September3、2001。 横田一成"金融混乱の年が舞台"日経ウィークリー、平成29年、1997年、p. 出典:国際会社史ディレクトリ、Vol. セント-ジェームズ-プレス2004.

シメトラ生命保険会社の見直し 現在、シメトラは親会社である住友生命が所有しており、日本で最も著名な生命保険会社の一つであると考えられています。 また、金融サービス市場における足掛かりを強化するため、太平洋証券および太平洋投資信託管理の株式を取得しました。

12

市場価値 2149億ドル 2149302000. その他の動向としては、変額保険(1986年に初めて導入された)、組合や協同組合を通じた中小企業のためのグループ生命保険、中堅企業のための福利厚生プランや補足的なパッケージなどがありました。 1996年、住友は競合他社の市場に参入することを認められました。

11

住友生命は、公的年金制度を補完するために、高齢者向けの医療保険や団体年金のニーズが高まっていました。 当社グループは、環境保全、人権尊重、コンプライアンスなどの企業の社会的責任を果たすとともに、社会貢献活動に参加し、持続可能な社会の実現に貢. この記事の情報が間違っている、不完全である、盗用されている、著作権に違反している、または更新を提案したいと思われる場合は、以下に電子メールをlordamfree gmail. 住友生命をはじめとする保険業界は、1990年代半ばから不良債権、規制緩和による競争、低金利、国内経済の低迷などにより苦戦しています。 それはロンドンおよびオーストラリアのオフィスとの海外不動産の努力を強化した。

12

住友生命保険株式会社は1907年に設立され、大阪に本社を置きます。

19

日本の法律では巨大財閥は禁止されており、戦後の経連は財閥よりも緩やかな取り決めによってまとめられていた。 住友生命保険株式会社は、日本を中心に生命保険商品を提供しています。 1926年住友生命保険に社名変更。

11

, SCは、世界のネットワークを活用したあらゆる業界で商品取引を行い、関連する顧客に様々な資金調達を提供し、様々なプロジェクトの主催者およびコーディネーター 住友商事グループの考えるサステイナビリティ手段およびシステム運用を中心とした社会は常に社会的な課題を解決心し、事業活動を通じて, 当社グループは、重要課題を経営の基盤とし、無数の社会との接点における社会課題への意識を高め、事業活動を通じて社会課題に取り組んでいます。